HOME > 催眠療法コラム > アーカイブ > 2015年12月アーカイブ

催眠療法コラム 2015年12月アーカイブ

精神の状態と肩こり腰痛の関係

精神疾患と肩こり頭痛などの身体症状は、その軽重の差こそあれ、セットで付いて来ることが多いです。

その症状から来るストレスにより、自律神経の交感神経が優位になるためと思われますが、病前性格などにより、真の意味でのリラックスがなかなか出来ないこともその要因の一つでしょう。
また、肩こり腰痛は痛みを伴いますが、その痛みのせいでより余計な力が入ってしまったり、リラックスできず、神経や脳も休まらないと言う悪循環になってしまいます。

軽いストレッチやぬるめのお湯にゆっくり漬かったり、マッサージやヨガをしたりするなど、筋肉のコリをほぐすことで、心身ともに安定することが期待できます。

痛みが緩和されるだけで、夜ぐっすり眠れたりするので、それだけでも精神状態には良い影響となります。

心と身体は繋がっていると言う事ですね。

1

« 2015年11月 | メインページ | アーカイブ | 2016年2月 »

このページのトップへ