• 催眠療法
  • カウンセリング
  • 精神分析
second_area_title_office.png

【完全予約制】
受付時間:10時~18時

【休診日】
毎週木曜日
第2・第4・第5水曜日

【心療時間】
10時~21時

【TEL/FAX】
03-5770-5857
03-6804-5170

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-29-12
北表参道ダイヤモンドパレス601号
●JR代々木駅西口徒歩3分
●大江戸線代々木駅徒歩4分
●副都心線北参道駅徒歩4分

btn_side_mail.gif
btn_side_request.gif

HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

催眠は眠ってしまったように何もわからなくなる状態ではないのですか?

催眠とは眠ることではありません。第三者がそれをみるとそのように感じるかも知れませんが、どんなに深く催眠に入っても自分が何を聞いて何をしているのか全てわかっています。ただ完全催眠に入った場合、催眠中のことを全く覚えていないことがあります。

TVで見る催眠と催眠療法で用いる催眠とでは違いがあるのですか?

催 眠そのものに違いがあるわけではありません。しかし、ショー的催眠が面白おかしく『見せる』のが目的であるのに対して、催眠療法の催眠は『治療』が目的に なります。従って前者が一回限りで良いのに比して、後者は繰り返し繰り返し継続して行うことに意味があります。スピーディーに格好よくやるのがTVでの催 眠ですが、ゆっくりとじっくりと進めて行くのが催眠療法であると言えましょう。まさに「継続は力なり」が催眠療法の特質と言えましょう。

催眠中に何をされるのか、また言いたくない事まで言わされるのではないかと心配なのですが・・・

TVの催眠を見ていて、このような不安を抱く方が多いようです。しかし心配はいりません。催眠はどんなに深く入っていても意識は無くなりません。従って、 どうしても受け入れたくない暗示にはいつでも抵抗できるのです。しかし、それをあまりにもセラピスト(治療者)が強要する場合には、治療倫理に反しますの で、そこの場での催眠療法は受けない方が無難でしょう。

.催眠に入れば一回で治るのでしょうか?

催眠は時として奇蹟的な効果を現わす場合があります。さりとて万能ではありません。暗示の効果はメッキのようなものです。たとえ一回で症状が取れたとして も、また再燃・再発する可能性があります。ですから、一回で良くなったとしても有頂天にならず、良くならなくても絶望せず、ゆっくり・じっくり治すつもり でいた方が早く効果が現れます。

催眠には副作用があるのでしょうか?

催眠には特筆すべき副作用はありません。しかし心身のリラックスが深まるため、虚脱感や倦怠感が生じることがあります。緊張の強い方やストレス過多の場合に起きやすいようです。

催眠はどんな病気や症状に効果があるのでしょうか?

.催眠療法はさまざまな病気や症状に効果があるとされていますが、特に西洋医学的に治りにくい病気や症状の場合に試してみるべき療法です。病気には『器質 的疾患』と『機能的疾患』がありますが、後者の場合に特に効果が期待されます。しかし、催眠状態には自然治癒力を高める効果があることが分かっており、前 者における改善や治癒も稀ではありません。

病院で薬を処方されているのですが、並行して催眠療法を受けても問題はありませんか?

何も問題はありません。それどころか、催眠療法を始めたからといって独断で薬を止めてしまうと、リバウンドが強く現れてくる可能性がありますので、かえっ て危険です。主治医の先生の指示には必ず従ってください。通院・服薬をしていない方でも、強い症状でリラックスと集中の困難な場合は、専門医を紹介する場 合がありますので御相談下さい。

催眠で過去の記憶を消したり、呼び戻すことができるのでしょうか?

催眠現象の中に、このように記憶を消したり(忘却)思い出させたり(復活)する力が存在することは有名です。しかし、経験した記憶の中に強い感情が付随す る場合、その記憶を失うと言っても無意識の中に抑圧するだけであり、体験をしなかったかのように全く消されてしまうわけではありません。ですから例え暗示 によって一時的に記憶を喪失しても、それが不完全な防衛である以上、やがては想起されてくるか、別の症状を作り出す可能性があります。過去の体験における 感情が解決されて、通りすぎた過去としての『ただの記憶』となった時、本当に『忘れる』ことができるのです。また復活においても、その記憶に強い感情が伴 なう場合は困難な事があります。あまり激しい感情の伴なわない記憶に関しては、比較的スムースに思い出す事ができます。

催眠療法を受ける際の心構えを教えてください

催眠療法に限らず心理療法を受ける際に最も大切な事は、セラピスト(治療者)との信頼関係です。言いかえれば「信じてお任せする」ことです。しかし、初め て会ったセラピストを100%信頼するのは無理な事ですし、そうするには危険が伴ないます。何か疑問に思ったり、不安に感じた時には、その想いを正直にセ ラピストにぶつけてみるべきです。そのうちに段々と信頼関係も深まり、治療効果も現れてきやすくなります。もうひとつ催眠療法を受ける時に大事な事は、能 動的に「何もしない」ことです。意識的に「合わせよう」とか「逆らおう」とか「催眠に入ろう」とせずに、聞えてくる声に素直に耳を傾け、受動的に集中する ことです。

催眠に全く入らない人もいるのですか?

.厳密に言えばいません。非常に深く入る人もいれば、「類催眠」と呼ばれる浅い催眠にしか入れない人もいますが、最終的に全く入れなかった事例は殆どあり ません。はじめの数回は緊張と抵抗が強すぎて全く入れなかった人でも、リラックスと集中の訓練を重ねて行くうちに段々と深く入っていけるものです。また深 く入れば入るだけ効果があると思われる場合もあれば、十分に深く入っていても効果がなかなか現れてこない場合もあります。あまり催眠に「深く入るかどう か」にこだわらない方がいいでしょう。

催眠療法の弱点を教えてください

催眠の弱点は次の3つに集約されます。
1)「催眠は両刃の剣である」と言われるように、被暗示性が亢進することによってプラスの暗示に反応しやす くなるのと同時にマイナスの暗示にも反応しやすくなります。したがって、無意識のレベルの価値観を「明るく、楽観的に、積極的に、建設的に」変えていく必 要があります。これを『観の転換』と呼びます。
2)催眠による暗示の効果は、言わば“メッキ”のようなものです。繰り返し繰り返し行わなければ、すぐに再燃・再発するおそれがあります。また、「頭の痛いのが取れたらお腹が痛くなった」「不安が取れたら身体がだるくなった」といった症状転移が起こることもあります。
3) 特に不安が強い場合、セラピスト(治療者)に対する依存性が強くなり、依頼心が高まる可能性があります。一時的な自我の退行による依存性の亢進は治療的に 意味のあるものですが、そうでない場合には治療の進行を遅らせるばかりでなく、疾病利得(病気や症状に逃げ込むこと)などが起きやすくなってしまいます。 それを防ぐために、他者催眠ばかりでなく、主体的な自己催眠を習得し、セルフコントロールができるようになることが大切です。

催眠の治療は一人で受けるのですか?集団で受けるのですか?

当所での基本的な形態は、完全個人指導です。それは、1)クライアントのプライバシー保護のため、2)リラックスと集中をしやすくするため、という理由か らです。しかし例外もあります。初めての方の場合「何をされるのか不安だ」という訴えも少なくありません。その場合は、付き添いの方が同席しても問題あり ません。ただ付き添いの方が「見学したい」、「心配だからついていたい」と言われても、クライアントの方が望まない場合はお断りしています。また、自己催 眠の指導を集団で行う場合があります。

催眠療法の効果はどれくらいの期間で現れてくるものなのでしょうか?

かなり個人差があります。長年にわたる症状が、たった一回でも取れてしまう場合もありますし、二回三回と続けてもなかなか好転しない場合もあります。クライアントのパーソナリティーや症状の『根の深さ』にもかなり影響されます。ただし、「一回でダメならやめよう」「今度でダメならやめよう」などと疑いながら、逃げ腰で受けるのでは治るものも治りません。最低十回(1クール)は受けてみることをお勧めします。十回の治療を受けて「全く何も変わらなかった」とおっしゃる方はほとんどいません。おおまかに次の治療期間を参考にして下さい。
◎気にする ・・・・・・・・・・・10日間
◎苦にする ・・・・・・・・・・・30日間
◎とらわれる ・・・・・・・・・100日間

催眠療法を受ける間隔を教えてください

これにもかなり個人差があります。詳しくは初回の治療を受けてから指示することになります。しかし一般的に言えば、「最初の数回はなるべく間を置かずに、 それから徐々に間を置いて」ということです。催眠の状態を身体と心に覚えさせるためには、スポーツなどと同じようになるべく間隔を置かずに指導を受けたほ うがいいでしょうし、ある程度覚えられてきたら間隔を置いた方が依存性がつきにくくなります。ただこれはあくまでも一般論であって、個々の場合において は、その都度話し合いをしていきます。

特に悩みはないのですが、自分の能力を引き出すこともできるのでしょうか?

十分に可能です。潜在的に埋もれていた能力や性格を引き出すのは、催眠の最も得意とするところです。以前「たけしの万物創世記」というTV番組に出演して、催眠暗示効果だけで筋力を上げることに成功しました。その他に1)記憶力が上がった2)判断力がよくなった3)運動能力が向上した4)視力が上がった5)集中力が増した・・・・など例をあげれば枚挙に暇がありません。人間の脳は一説によると数十%しか使われておらず、その残りの部分にまだまだたくさんの可能性を秘めていると言われます。その可能性を目覚めさせ、自己の啓発に催眠を利用することも十分に可能なわけです。

催眠療法による効果は、どれくらいの期間持続するのでしょうか?

催眠による暗示効果というものは、非常に薄っぺらいもの、言わば『メッキ』のようなものです。ですからその時には「そう思え」たり「そう考え」られても、 時間を置くとまた古い観念に支配されてきてしまいます。それには個人差がありますが、いずれにしても、それを強化し、その方の信念になるまで繰り返し繰り 返し行うことが必要です。再発・再燃を防ぐためにも、じっくり・ゆっくり時間をかけて治す心構えが大切です。効果を早く得ようとしたり、持続させようとし て焦れば焦るほど、かえって時間がかかり持続する時間も短くなります。

遠くて通えないのですが、電話での催眠療法はしてもらえないのでしょうか?

診療システムの都合上、電話での催眠療法は受け付けておりません。そのかわり、遠方の方や、都合で家から出られない方のためにインターネットによるE- メールカウンセリングを受け付けております。(現在検討中)また、近県の方には出張治療(応相談)を行う先生をご紹介いたします。電話でお問い合わせ下さ い。


24時間相談予約

banner_2.jpg

このページのトップへ