HOME > 催眠療法コラム > 幸せになれる人、なれない人

催眠療法コラム

< 「気晴らし」に関する、うつ状態とうつ病の違い  |  一覧へ戻る  |  感情を左右する「投影」という心理状況 >

幸せになれる人、なれない人

幸せになれる人は、自分が幸せだと心底思える人です。反対に幸せになれない人は、自分が幸せだとは決して思えない人です。

幸せになれる人は、不幸せもまた私の人生として引き受けます。逆に幸せになれない人は、不幸せの被害者としてその不幸せを引き受けることが出来ません。

幸せになれる人は、自分の心の闇を否定せずに外に曝すことができます。幸せになれない人は自分の心の闇をさらに闇に葬ろうとします。

幸せになれる人は、自分が幸せになる権利があることを知っています。幸せになれない人は、幸せである人を妬んで、自分が不幸であることを自分に証明し続けます。

幸せになれる人は、どんな小さな幸せでも自分自身で見つけ出すことができます。幸せになれない人は、幸せを人や天から与えて欲しいと願い、自ら見つけようとはしません。


< 「気晴らし」に関する、うつ状態とうつ病の違い  |  一覧へ戻る  |  感情を左右する「投影」という心理状況 >

このページのトップへ