HOME > 催眠療法コラム > 【ポジティブ・シンキング②】

催眠療法コラム

< 【ポジティブ・シンキング①】  |  一覧へ戻る  |  【ポジティブ・シンキング③】 >

【ポジティブ・シンキング②】

それは、なかなかリハビリで功を奏さない方々が、

 

事故前、病前の元気だった頃の自分と比較して

 

「昔はあんなに元気だったのに…」

 

と悲観して考えるのに対して、

 

どんどん右肩上がりに良くなって行く方々やその周りの人達は、

 

一番状態が悪かった頃の自分と今自分とを比較して

 

「これもできるようになった。あれもできるようになった」と、

 

少しでも良くなったところを素直に認め、

 

やがてもっと良くなって行くでだろうと楽観的なイメージを描いている傾向があることをつきとめたのです。

 

同じ事をしていても、

 

ものの観方や考え方一つで結果に差が出て来てしまう…

 

それを恐ろしいこととして悲観的に捉えるか、

 

ああそうかと、楽観的に希望を持てるかによって、

 

その結果もまた違ってきてしまうのかも知れません。

 

あなたはこの事実をどう捉えますか?

 

つづく 

 


< 【ポジティブ・シンキング①】  |  一覧へ戻る  |  【ポジティブ・シンキング③】 >

このページのトップへ