• 催眠療法
  • カウンセリング
  • 精神分析
second_area_title_office.png

【完全予約制】
受付時間:10時~18時

【休診日】
毎週木曜日
第2・第4・第5水曜日

【心療時間】
10時~21時

【TEL/FAX】
03-5770-5857
03-6804-5170

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-29-12
北表参道ダイヤモンドパレス601号
●JR代々木駅西口徒歩3分
●大江戸線代々木駅徒歩4分
●副都心線北参道駅徒歩4分

btn_side_mail.gif
btn_side_request.gif

HOME > 体験談

体験談

アダルトチルドレン

なかなか職場でもプライベートでも、人間関係に悩む事が多くて相談してみました。

人との距離感がわからないと言うか、何か人から責められてしまうのが怖 いと言うか、何かと自分が悪いのではないかと思ってしまい、自信が持てなかったのです。

お話を聴いて頂いている時にも、こんなことでご相談している自分が、何 か申
し訳ないような気持ちでいたのですが、そうした心情も察して下さり、友達にも
言いにくかったような色々な想いを吐き出すことが出来ま した。

どうやら私は、人に甘えることが出来ないでいるようでした。

とても話しやすいと感じてきた私は、何度か通ってみようと思い至りました。

では、何でそんなに甘えられないのかという話になって、小さいころの家庭環境のお話になりました。

私の両親は共働きでしたが、とてもやさしくて、良い家庭だったと思います。

ただ妹がいるのですが、妹は小さいときから病弱で、両親はもっぱらその 妹の心配や世話に手一杯で、しかも共働きで2人とも忙しそうに見えたことから、あまり私は親に心配かけてはいけない とか、手をわずらわせてしまっては申し訳無いと言う気持ちが強くて、自分で何でもやらなければいけないと思っていたのです。

先生に「あなたは小さい頃から頑張り屋さんだったのでしょうね。偉かっ たですね。
でも寂しくはなかったですか?」と聞かれて、思わず涙が出てきてしまいました。

自分で感じていた以上にずっと寂しいと思っていたようです。

そんな寂しさを抱えているなんて、自分でも思っていませんでした。

どうやら、親にさえ甘えてはいけないと思っていた幼い私の心が、今でも 人に甘えてはいけないと、無意識的に人との距離を空けて、孤独に耐えてしまっていたようでした。

そして先生に「ほとんどアダルトチルドレンと言ってもいいかも知れません。
あなたの中の幼い子供が、今でも愛情を欲しているのですよ」と言われ、とても納得でました。

アダルトチルドレンと言う言葉は聞いたことがありました、それは親が虐 待し
ていたり、アルコール中毒だったりと、荒れている家庭で育ってしまった人に当
てはまるものだと思っていたので、まさか自分がそうだと は思ってもいません
でした。

後でアダルトチルドレンについて書かれている本を読んでみると、ACの 方の特徴が、かなり私にも当てはまっていて、改めて自分が抱えている問題は大きいのだなと実感しました。

それにしても、一見幸せそうな家庭でも、そんな問題が発生していること があることにビックリしました。

カウンセリングを通して、親身に色々な私の気持ちを聞いてもらって、少しずつ幼い私は癒してもらえているように感じます。

ありがとうございます。


「両親のトラウマの緩和」

私は幼い頃から両親に怒鳴られたりバカにされたりしてきました。

姉や兄と比べても、私に対してだけそのような扱いを受け続けてきました。

子供の頃は自分が悪いことをしたのかもしれないと思ったこともありましたが、大人になるにつれ両親を恨むようになりました。

そのような環境で育ったためなのか、職場でもいつも自信がなく自分の本音を言えなくなっていました。

そんな自分を変えたくて催眠療法を受けてみました。最初は半信半疑でしたが、少しずつ深いリラックス状態になっていったようです。

自然と悔しかったり悲しかった感情が湧き出てきました。

催眠を受けた後は、なにかスッキリした気分になりました。



何度も何度も催眠中で涙を流し、急に変化したというよりは段々と心が落ち着いていったような気がします。


まだ怒りが出てくることもあるのですが、感情を発散し先生に優しい言葉かけをしてもらうと安心します。

同時に職場でも変化がありました。


全てではないのですが、以前よりも少し言いたいことが言えるようになったのは不思議です。

溜まっていた怒りの感情が出せたことで、自分の気持ちを出しても良いと思えたのかもしれません。

これからも宜しくお願いいたします。


高学歴(28歳女性)

私は大学を卒業して就職してから、自分の学歴のせいで生き辛さを感じるようになりました。

学歴コンプレックスと言うと、きっと学歴が低いと思っている方が、自分を卑下して劣等感を抱いてしまう例が多いことでしょう。

しかし私の場合は東大の理数科を卒業しました。

私が女性だったこともあるのでしょうが、なにか東大出身と言うだけで偏見を持たれてしまうのです。

子供の頃は「頭が良いんだねぇ」と言うようなことはちょくちょく言わ れ、素直に喜べたものですが、大人になってからはどんな顔をして、なんと答えたら良いのか困っていました。

研究職の仕事に就いてからも、何かと言うと

「さすが東大出は違うねぇ」

とか

暗に「東大出ているんだから、これくらいすぐ出来るよねぇ」

というような言われ方をするようになり、

何か東大ばかりが前面に見られ、 素顔の私は見てはもらえないような違和感ばかり感じるようになってしまいました。



特に恋愛面では最悪です。合コンなどに参加しても、私が東大出身であるとわかった途端に、まるで潮が引くように私の周りから男性たちがいなくなってしまうのです。

男性全体への不信感、怒り、情けなさ、寂しさ、、、。


私は東大を出たせいで恋人さえ出来ないのでしょうか?

だんだんわけが分からない感情にさらされ、自分でもおかしくなっていっているのがわかります。

無力感とか無気力になってしまっていました。

そんな中、先生のところでカウンセリングを受け始め、徐々に精神のバランスも元に戻っていったようです。



自分でも東大を出ているんだから、このくらい出来て当たり前。期待に応 えなければ。

もっと優秀な人が沢山いるのだから、もっとがんばらなければ。

などなど、自分でもほとんど自覚していないまま気負っていた気 持ちがあったようです。



まさに肩が軽く感じられていきました。思えば理数系のことは勉強していましたが、人の心理については疎いようなと ころもありました。


今後とも人の心について学ばせていただきたいと思っております。



アイデンティティ 24歳女性

色んなことが不安で、自分でもどうしたら良いのか?何が原因なのかもわ からず、ただ、毎日が過ぎていくような日々でした。

テレビを見ていたらカウンセリングと言う方法があることに思い至り、 ネットで調べていたところ、こちらにたどり着きました。

自分ではやりたいことも思い浮かばず、思い浮かんでも不安が先に立ち、人からすれば些細なことでも実行することも出来ず、自分は何のために生まれてきたのだろうかとさえ思え、自分には何の価値も無いような気 がしていました。

最初のカウンセリングで、両親のことや、幼い時の様子などを聞かれました。

両親には何の不満も無く、良い父と、優しい母だと思っているとお答えしました。


実際私は両親には何の問題も無く、そんな親に大切に育ててもらったの に、どうして私のようなダメな子供になってしまったのかと思うと、両親に申し訳ないような気持ちがあるというようなこともお話しました。

でもお話を詳しくしていくにつれ、自分は両親が期待する通りの良い子になろうとして頑張っていたことに気付かせていただきました。


よく思い出してみると、親なら普通に言うのかもしれませんが、もっと女の子らしくしなさいとか、口答えは止めなさいとか、こうなりなさいと言われることが多かったように思います。

その通りになろうとして、学校でも実際成績も良かったり、先生からも評判がよく、学級委員とかにもなったりしていて、自分でも小さい頃の方が幸せと言うか、我ながら優秀だったのです。

両親もそんな私が自慢だったのだと思いますが、内心ではいつか期待に沿えず、がっかりさせてしまうのではないかとビクビクしていたように思います。

当然反抗期などありませんでした。

大学なども、考えてみると自分が行きたいと思ってえらんだというわけで もなく、この学校は良いから受けてみなさいと言われて、あまり考えもしないで、そこに受かることが一番の選択肢だと自然の流れのように頑 張って目指していたような気がします。


どうやら私は今まで、自分の意思とか、欲求と言うものをあまり感じることなく、感じる必要があるということも自覚無いまま大人になってしまったのではないかということを先生方に問われ、今更ながらそのことに 気付きました。

アイデンティティの確立が出来ていないと言う状態だとのことでした。

大人になってからも、今までがそうであったように、主体性を持って、自分の意思や責任を持って物事を判断し、行動を決めると言う事に慣れていないのです。

ただ、私の不安が強いのは、成長過程でアイデンティティを構築することが遅くなっただけで、病気と言うわけではない、これから身に着けていけば良いのだと先生に言ってもらえて少し安心しました。

親から自立できるようになるまで、まだ時間がかかるかも知れませんが、先生方に勇気付けてもらいながら、前へ進んで行こうと思います。これからもどうかよろしくお願い致します。


親子関係 ニートの息子 65歳の母

同居している息子のことで、相談に伺っております。

息子はもう34歳になるのに、定職に就いておらず、いわゆるニートの生活を送っ
ています。

本当なら息子自身にカウンセリングでも受けてもらって、仕事への意欲を 持っ
てもらいたいのですが、私ども親の言う事は馬の耳に念仏で、将来のことを言い出す
と不機嫌になって話になりません。母親である私も、育て方が悪かったのでは
ないだろうかと自分を責める気持ちが強く、不安やら罪悪感やらで悲観的になっ
て、体調を崩しておりました。

研究所に初めて相談させていただいたところ、「息子さんの事も心配です が、
何よりお母さんであるあなたが、肩に重い荷物を背負われてしまわれてようで
す。大変でしたね。お母様の育て方が悪かったわけではあり ませんよ。一緒に
考えてまいりましょう」とおっしゃっていただき、どんなに救われたことでしょう。

私が私自身のためにお世話になることになりました。

私に温かい言葉で励まして頂きながら、親子関係のことにも深く考える事 が出
来ました。やはり子供可愛さからか、過保護にはなってしまっていたのだろうと
思うと同時に、私と夫との関係にも考えさせられることに なりました。

色々な重なり合った原因や心の仕組みが、今日の家族の現状を作り出して いる
のだなぁと改めて思いました。

絡み合った糸はそう容易くほぐせるものではありませんが、つい私自身の 不安
から逃れようとするあまりに息子に過保護にしてしまっていたことに気が付いて
からは、先生方に励まして頂きながら、少しずつ親離れ出来て、自分の不安に
対しても自分で向き合う事が出来て来たように思います。

根気良くお話を聞いて、その都度足元を照らして頂きましたこと、感謝し てお
ります。

今後ともよろしくお願い致します。


上がり症

上がり症

私は大勢の人前で話をするのがとても苦手で、自分でもこの上がり症を何 とか
したいと思っていました。

子供の頃から、国語の授業の朗読など、声が震えるし、いつ自分が指名さ れる
かわからないですから、気がきではありませんでした。

思えば、実際漢字の読みを間違えてみんなに笑われてしまったことがきっかけだっ たと思います。

社会人になり、人前で発言しなければならない機会も増え、どんどん苦手 意識
だけが募るようになりましたが、昇進を気に、朝の朝礼で毎朝人前で話さなけれ
ばならなくなった時、もうカウンセリングでも受けてどうにかするしかないと
思いました。それほど苦痛だったのです。

探してみると、催眠療法というのがあることがわかりました。
「意思ではコントロールできない潜在意識に働きかける」と言う部分に惹かれてこちらに通って
みることにしました。

カウンセリングでお話をしていて、いかに自分が「気が弱くて、そんな自 分が
悪い、嫌い」であったかを知りました。でも先生から、気が弱いのは悪いことで
はないし、気が弱いということでもない。真面目に取り組 む人ほど緊張もす
る、自分がしくじるイメージが強すぎる、などアドバイスを頂き、自分を見る目
が変って行きました。

今思えば、当たり前のことを言われたのかも知れませんが、自分では自分 のこ
とがよく見えていなかったのだろうと思います。

人が失敗しても許されるのに、なぜか自分だけは許されないようなイメージが
あって、催眠療法の中で、上手くしゃべれている自分をイメージしたり、失敗し
てもみんな笑って許してくれるようなイメージを思い浮かべることで、段々失
敗を恐れる気持ちも軽減していけたと思います。
ありがとうございます。


神経痛の緩和

疲れがたまってしまったのか帯状疱疹になり、すぐに処置をしてもらって おけ
ば良かったものの、治療が少し遅れてしまったせいなのか、後遺症のように神経
痛が右腕に残り、何年も痛みで苦しんできました。

神経ブロックなども試したものの、ほとんど効果が無く、老後の楽しみに して
いたゴルフも出来ないありさまに、苛立ちも募るような辛い毎日を過ごしていま
した。

治療薬に効うつ薬が処方されていたので、私はうつ病なのでしょうか?と ドク
ターにうかがうと、

「神経から来る痛みは、脳内化学物質のセロトニンの不足か
ら、過敏になることがある。効うつ薬にはセロトニンを補う効果があるから」

とのことだったので、

「日常でそのセロトニンを増やすには何か出来ることがあ
りますか?」

と質問すると、

「朝の太陽を 浴びたり、散歩などの規則的に身体
を動かす軽い運動や、なるべくリラックスすること」

と言われました。

友人に聞いたり、リラックスで検索していくと、催眠療法にたどり着きま した。


「痛みは脳が感じてているもの」とも聞いていたので、「何か脳に働きか け
て、痛みを和らげる暗示効果も得られるかもしれない」と思い先生の所にお世話
になってみることにしました。

カウンセリングの中で、日々、妻の姑との同居生活でストレスを抱えてい て、
あまりリラックスもしていなかったこと、そのため腕に無意識的に力が入ってし
まっていたことなどの話も聞いていただき、少し気持ちも 落ち着いていきました。

すっかり痛みが無くなったと言うわけではありませんでしたが、だいぶ楽 に過
ごせるようになり感謝しております。ありがとうございます。


自分発見 ~取り戻せたもの~

あまり気分の落ち込みなども感じていなかったため、自分がうつ状態であるとは思いもよらなかったのですが、色々先生とお話させてもらっているうちに、自分には無意識的に色んなものを背負ってしまいやすい性格であったこともわかってきました。自覚が無いと言うのは恐ろしいものです。

例えば、職場の仲間が残業していると、自分が仕事のキリが良くても帰り辛くて残業してしまうとか、質問された事を知らなくて答えられないと、とても罪悪感や自己否定感を感じてしまうとか、自分のことより人のことを優先して遠慮しすぎるとか、カウンセリングを受けていなければ、あまり自分でも省みなかったであろう自分の姿を見つめる良い機会となりました。

自分はあまり常識が無くて、人にこんな事話したらバカなんじゃないか? と思われてしまうんじゃないかと言う無意識的な恐れもあったようなのですが、先生方が、親身に話を聞いてくれて、自然と安心感と自己肯定 感を持って人と接することが出来るようになったのも大きかったと思います。

催眠療法は、最初は気持ち良いなぁくらいにしか感じなかったのですが、 数回受けてほぐれて来るにつれ、いかに自分が緊張が強くて身体に力が入ってしまっていたか実感できてきました。

そして一番びっくりしたのは、ある仕事帰りに商店街を通っていて、いろんなお惣菜の香りを感じた時です。
コロッケの匂い、てんぷらの匂い、焼き鳥の匂い。

普通の人は「?」と思われるかも知れませんが、いつの間にかそうした町に溢れる匂いさえ感じられなくなっていたのでしょうね。

おいしそうな匂いだなぁと思い、食べたいものを食べたいと思う、当たり前の食欲を 久しぶりに感じました。

職場環境はすぐには良くなる筈もありませんでしたが、自分の中で色々捉え方や考え方が変わったことで、随分肩の荷が下りてきた気がします。

本当にありがとうございました。そしてこれからもどうかよろしくお願い致します。



私が通い始めたわけ

今思えば、うつ病になりかかっていた、いやすでに軽くうつ病だったのか も知れません。

会社も不景気で、少ない人数で幾つもの案件を抱え、目の前の仕事をすることに必死な状態が続いていました。

受注された仕事をこなすため、昼も無く夜も無く、その日のスケジュール を終わらすために職場に泊り込むような、生活リズムを崩してしまうことも良くなかったのでしょう。

いつも頭の中には明日の仕事の課題が 引っかかり、不眠症 になりました。

どんなに眠くても眠れないのです。

よく休めていないので、昼間も充分頭が働かず、何に対してもこれ以上責任を負いたくないと逃げ腰に思うようになり、それでも頑張らなければと自分にムチを打っていたように思います。

辛いと思う余裕さえなかっ たように思います。
食事をとりながらパソコンに向かっていますから、何でも良いから口に入れる、ほとんど栄養補給のブロイラーチキン状態 です。

不調は身体にも現れるようになりました。
肩こり、腰痛が酷くなり、体臭 が匂うようになりました。
もちろん風呂には入るのですが、家に遊びに来た彼女にも「足が異様に臭い」と言われ凹みました。

後で知ったのですが、どれもストレスのせいなのですね。

そして何より自分でもこれはもうマズイなと思ったのは、ちょっとした数字が記憶できなくなったことです。
物の個数を数えているのに、途中でちょっと他のことをすると、幾つまで数えたのか曖昧になってしまうのです。
一桁の数字なのに!若年性アルツハイマーか何かなのか?と怖くなりました。

そんなおり、興味もあった「催眠療法」のキーワードで検索して、こちら の研究所に相談して見る事にしました。

最初の相談で、先生に「過剰適応」という言葉を聞かされ、そういう状態 なのかと納得が行き、継続してカウンセリングと催眠をお願いすることにしました。


催眠のイメージ(こちらで催眠を体験された方々の反応)

【催眠のイメージについて、よくお聞きする体験談をご紹介いたします】

「恐くなくて良かったです。」
「これが催眠なのですか⁈」

初回のセッションの後のクライアントさんの反応は様々です。

しかし共通して言えることは、

皆さんそれぞれの中に「催眠」なるもののイメージが良かれ悪しかれ存在し、
時にはその後の経過に多大なる影響を与えるものであるということです。

その意味で、催眠とはどのような状態で、催眠に入るとどうなるかを
正しく理解して行くことはとても大切なことなのです。

初回から催眠に深く入れたと自覚する人は約30%、
入れたかどうか良く分からなかったと言う方が約40%、
全く入れなかったと感じる方が約30%という割合です。


その中で全く入れなかったと言う方にお話を聴いてみると、

その根拠は「声が聞こえたから」「身体を動かすことが出来たから」「暗示に反応しなかったから」

というお言葉が返って来ます。


しかし実は催眠中でも、声も音も聞こえ、身体を動かすことも出来、
浅い催眠では暗示に反応しないことも多々あるのです。




催眠状態がどんな状態であるかを正しく理解していないと、
せっかく催眠状態に入っているのにも関わらず、自分は催眠に入れない、
自分には催眠療法は向いてない…などと思ってしまい、
マイナスの暗示を自らに掛けてしまう結果になり兼ねません。

その意味でも、催眠状態を正しく理解し、
正しいイメージを持ちながら催眠療法を受けることが、先ずは大切になって来ます。


123

24時間相談予約

banner_2.jpg

このページのトップへ